デザインについて
「長く愛される家具」
実用性を重視し、流行にとらわれないシンプルで遊び心のあるデザインを目指しています。

「住空間と家具」
ななはち工房では、家具の製作だけでなく、建築の設計、施工も行っています。
良い空間は、良い建築だけでは成り立たず、良い家具だけでも難しいと思います。
お客様が実際に使う空間に、合わせた家具の提案を行います。


 

材料について
家具の材料は地産地消をモットーに国産材を積極的に採用しています。
職人が木の木目、節、色などを一つ一つ丁寧に見極め、最適な材料を選定しています。
木の魅力がより一層引き立つ家具になるよう心掛けています。

主な樹種

栗(くり)
耐水性、耐久性が高く、鉄道の材木や住宅土台などに用いられ、古くから日本の建築、家具を支えてきた木材です。
強い木目を持っており、タンニンを多く含むので、使い込むほどに艶を増し、美しく変化します。

山桜(やまざくら)
穏やかな木目を持ち、木肌は緻密で艶があります。
ブラウン系の色合いは和風、洋風を問わず、合わせやすい木材です。
広島県廿日市で有名なけん玉にはこの山桜が用いられており、親しみやすい木材でもあります。


 

技術について
ものづくりの基本は、分業ではなく、一貫生産にあると考えています。
デザイン、設計、材料調達、製作まで一貫した、ものづくりに取り組んでいます。
技術面では、伝統的な技術を大切にし、優れた新しい技術を、積極的に取り入れる姿勢で「手仕事と機械加工のバランス」を重要視しています。
全てを機械加工で行い、効率を過度に追い求める事はしません。
全てを手仕事で行い、価格になってしまう事も避けたいです。
技術をバランスよく使い分け、現代のニーズに合ったものづくりを目指しています。

また世代を超え、長く使って頂ける家具であるため、仕口(接続部分)はホゾ組を基本とし、丈夫な造りを採用しています。


 

仕上げについて

ななはち工房では、桐油をベースに独自にブレンドした、100%天然成分のオイルを使用しています。
オイル仕上げは乾性油を木に浸透させ、内部から木の表面を保護します。
表面を塗膜で覆わないので、木その物の、質感を肌で感じて頂けます。
大切にご使用して頂く事で、年月とともに変わりゆく艶や色の深みを楽しめ、愛着のわく仕上げ方法です。


 

メンテナンスについて
ななはち工房では、経年変化の深み「お客様と一緒に育てる家具」を目指しています。
メンテナンス用として蜜蝋ワックスを用意しております。
オイル塗装の質感をそのままに、シミや汚れを付きにくくします。
適度にメンテナンスして頂く事で、経年変化を楽しめ、長くご愛用頂けます。
また、ご希望のお客様に対しメンテナンスサービスも行っております。(有料)

※ななはち工房で使用するオイル、ワックスは100%天然成分によるものです。
お子さんのいる家庭でも安心してご使用いただけます。